トップ > 大人にきびの知識 > 大人にきびは何度も同じところにできる

大人にきびは何度も同じところにできる

大人にきびは、せっかく治っても、また同じところにできてしまい、何度も繰り返すことが多いのです。
大人にきびは、生活習慣の乱れや、ホルモンバランスの崩れから引き起こされるものなので、
根本の原因をなくさない限り、大人にきびは繰り返しできてしまうのです。
また、一度大人にきびができた場所は、毛穴がつまりやすく、炎症を起こしやすい状態になっています。
そのため、何度も同じところに、大人にきびはできてしまうのです。

繰り返してしまう大人にきびを治すには、身体の中の大人にきびの原因をなくすことが必要です。
自分の毎日の生活を見直し、規則正しい生活を心がけることで、ホルモンバランスは正常に戻り、お肌の新陳代謝が正常に行われるようになります。
さらに、バランスのとれた栄養を取ることで、皮脂の分泌も抑えられ、健康なお肌へとなるのです。

また、ストレスが多い状態や、たばこをたしなむ方は、活性酸素が体内に多くなっている状態である場合があります。
活性酸素は、本来は殺菌効果があるものですが、多量の活性酸素は皮膚自身をも攻撃してしまうのです。
そのため、活性酸素が多い人は、お肌のバリア機能が低下していて、大人にきびができやすい状態なのです。
このような場合は、活性酸素を取り除く効果のある、抗酸化物質をたくさん摂取することをおすすめします。
抗酸化物質は、野菜や果物に多く含まれています。
野菜や果物は、害虫や病気から自分を守るために、抗酸化物質をたくさん蓄えているのです。

大人にきびを繰り返さないために、抗酸化物質を摂取し、規則正しい生活を送ることを心がけましょう。

この記事のカテゴリーは「大人にきびの知識」です。
関連記事

大人にきびは何度も同じところにできる

大人にきびは、せっかく治っても、また同じところにできてしまい、何度も繰り返すこと...

大人にきびとは

大人にきびとは、別名アダルトにきびと呼ばれ、20歳ごろから急にできるにきびのこと...